注文住宅の住まいるコンシェルジュ・リサーチ

注文住宅のことは、「住まいるコンシェルジュ」にご相談ください!

  • twitter
  • FB
  • rss

施工例

狭小住宅の施工例一覧

株式会社ハートランド

株式会社ハートランド
(愛知県豊田市)

上物施工2000万円台で実現した理想の注文住宅

30代のご夫婦が建てた、大満足の注文住宅

  • 2000万円台
  • 自由設計
  • 二階建て
  • 木造
  • 狭小住宅
  • 20~30代
  • 内観デザイン

岸本建設 注文住宅 WB工法の家 外観

岸本建設株式会社
(兵庫県洲本市)

WB工法で空気がいつもキレイな注文住宅

家族の健康に気遣った『屋上庭園つき』のこだわりハウス。

  • 2000万円台
  • 自由設計
  • WB工法
  • 二階建て
  • 木造
  • 省エネ
  • 長期優良住宅
  • 狭小住宅
  • アフターフォロー
  • アフターメンテナンス
  • 屋上庭園

chubu02-01

中部開発株式会社
(静岡県沼津市)

雑誌掲載!人気の注文住宅

青空に凛!粋なカタナガレのシンプルモダン。

  • 自由設計
  • 二階建て
  • 狭小住宅

nagomu03_01

株式会社なごみホーム
(大阪府東大阪市)

狭小地でも、こんなにステキに暮らせる好例

狭さを、言い訳にしない。デザイン・間取り妥協しない。

  • 自然素材
  • 自由設計
  • 狭小住宅

planner02_01

建築プランナー株式会社
(福岡県福岡市)

赤ちゃんからひいおばあちゃんまで、笑顔あふれる住まい

敷地約36坪に建った、びっくり快適3世帯住宅!

  • 自然素材
  • 自由設計
  • 二階建て
  • 建築家デザイン住宅
  • 二世帯住宅
  • 狭小住宅
  • 地域密着
  • アフターフォロー
  • 外観デザイン
  • 内観デザイン
  • 屋上庭園

komagura04_01

株式会社独楽蔵
(埼玉県入間市)

爽やかな風が吹き抜ける。モダンなウッディハウス

かっこかわいい外観を入れば、ヘリンボーン模様のウッドウォール。

  • 自然素材
  • 自由設計
  • 二階建て
  • 木造
  • 建築家デザイン住宅
  • 狭小住宅
  • 趣味のある家
  • 外観デザイン
  • 内観デザイン
  • 木の家

cam03_01

有限会社CAM建築設計事務所
(熊本県熊本市)

プランにプランを重ねた高性能住宅

狭小地とは思えない開放感。建築家の手腕が光る注文住宅

  • 自然素材
  • 自由設計
  • 高機能住宅
  • 木造
  • 建築家デザイン住宅
  • 狭小住宅
  • 変形地住宅
  • 外観デザイン
  • 内観デザイン
  • 木の家

suruga03_01

株式会社スルガ建設
(神奈川県横浜市)

すっきりシャープ「引き算おしゃれ」な注文住宅。

ムダなカザリを好まないあなたに。

  • 自然素材
  • 無垢材
  • 自由設計
  • 二階建て
  • リーズナブル
  • 木造
  • 省エネ
  • ローコスト
  • 狭小住宅
  • アフターフォロー
  • アフターメンテナンス
  • 趣味のある家
  • 外観デザイン
  • 内観デザイン
  • 木の家
  • スマートハウス・省エネ住宅

img_case01_img01

株式会社独楽蔵
(埼玉県入間市)

忍者屋敷====卍? 雑誌掲載多数の注文住宅

【若手建築士憧れの事務所】独楽蔵のカンバン事例!ボルダリングできるおうち

  • 自然素材
  • 3000万円台
  • 自由設計
  • 二階建て
  • 木造
  • 省エネ
  • 建築家デザイン住宅
  • 狭小住宅
  • 20~30代
  • 趣味のある家
  • 外観デザイン
  • 内観デザイン
  • 木の家

img_case02_img01

いずみホーム(株式会社ハウス工芸社)
(大阪府堺市)

味のある木の質感に上品さを添える住まい

シンプルさに木の香りを添えて。大人可愛いマイホーム

  • 自然素材
  • 無垢材
  • 自由設計
  • 二階建て
  • リーズナブル
  • 木造
  • 省エネ
  • 長期優良住宅
  • 狭小住宅
  • アフターフォロー
  • アフターメンテナンス
  • 趣味のある家
  • 外観デザイン
  • 内観デザイン
  • 免震・制震・耐震

キーワードで絞り込む

新築お祝い金
住まいるコンシェルジュって 5万円贈呈! お祝い金を申請する 住まいるアンケート 住まコンから住宅会社の紹介を受ける

狭小住宅とは

狭小住宅とは、一般的に約15坪~20坪以下の土地に建てられた狭くて小さな住宅のことを『狭小住宅』といいます。また、都市部には密集地や変形地にあることが多いです。そんな土地でも、家づくりのプロたちの知恵と技術によって、敷地を最大に活かし、広く明るく快適に暮らせるように建てることが可能です。

狭小住宅のメリット・デメリットとはなんでしょうか。

まず、はじめにデメリットをご紹介致します。実は、建築のコストが高なってしまうということです。狭小住宅を建てる施主様はデザインや材質にこだわる方が多く、割高になってしまうことがあります。住宅が狭い分費用をもう少し使えると考えこだわることで「思っていたより、費用がかかってしまった」という方も少なくはありません。もう一つ懸念されることが、敷地が狭いため工事が難しくなります。特殊な構造なため鉄筋コンクリートを使うことも少なくないので、木造住宅を建てるのに対してコストがかかってしまう理由の1つにもなります。隣の家との距離が近いためエアコンの室外機などの騒音が聞こえやすいので防音対策が必要です。次にメリットとは、建築費用のコストを抑えられる。デメリットではコストが高くかかってしまうと説明しましたが、一般的に小さな家のほうが大きな家よりも材料のコスト等が抑えられ安く済みます。その分素材にこだわることもでき、設備にも費用をかけられます。ですが、予算内でこだわったり、材質よりもデザインなど工務店にこの予算内でと頼むことで安く済ませることができるということです。

申請費用や登記費用が抑えられます。

建築コストによって税金や申請費用などが決められます。面積の違いで費用が大きく変割ってきてしますので不備のないように気をつけることが大切です。さらに、税金が安く済むこともポイントではないでしょうか?また、狭小住宅の場合デザイン性に凝っていることが多く、注目している人もいます。スタイリッシュなデザインやシンプルなデザイン、個性的なデザインまで幅広く、狭小住宅ならではのお家を建てることができます。エリアとしても、都心部に家があるというのは便利であり憧れる人も多いと思います。本来は高額な費用がかかってしまう都心で建てる住宅は狭小住宅の場合一般の広さの住宅より費用を抑えて建てることが可能になります。狭小住宅の場合光を取り込むために高さを高くすることによって家の面積を広げるデザインが多くあります。密集地であっても、間取り上周囲の住宅や建物に邪魔されること無く光を家の中に取り込むことが可能になるのです。多くの狭小住宅は、面積が狭いためなるべく家具を表に出す間取りはあまりしません。あらかじめ、収納を取り付けてあるのですっきりとした印象のお家が出来上がります。建築後のメリットとして、光熱費が安く済むというのも魅力ではないでしょうか?

こういった、メリット・デメリットを踏まえて建てる上でどのような工夫をしたら良いかをまとめてみました。垂直方向へ空間を活用することが、限られた敷地を活かす工夫の一つです。例えば、3階建てにしたり、地下室をつくるなど、階を増やしていく方法や、屋上が使うことができるのであれば、子どもとの遊べる空間や、庭の代わりとして活用することもできます。また、中二階や屋根裏収納など、工務店、ハウスメーカーの担当の方に相談するだけで可能性が広がり、より広く活用することができます。また、仕切りを少なくしたり、空間を多目的に使えるように一角に畳のスペースや造り付けのカウンターをつけるなど、空間が狭くても、一つの部屋で様々なシーンに使う事ができます。一つ、二つ工夫することで狭い空間が家族の楽しい共有スペースになります。狭小住宅を建てる際に気をつけたほうがいいことをご説明いたします。多層階にするさいの生活動線をしかりと配慮しないととても住みづらいお家になってしまいます。建てる時空間の工夫を考えすぎて、オプションを追加しすぎてしまったりしてしまうと、コストが思った以上にかかってしまう可能性もあるので、配分を考えプランをつくることをオススメします。プランを組んで建築が終わってから、洗濯やベランダの場所だったり、トイレの場所などが不便だったりなど生活をしてから気づくかたが多くててる前にはシュミレーションをしてから建てるのが大切です。また、狭小住宅は、引越前にも気をつけなければなりません。廊下の広さや、玄関の広さによって家具が家に入らなかったり、新しく買った家具が1階にしか入らないなど考えなくてはならないということから配慮が必要です。

狭小住宅に適している工法をご説明します。狭小住宅に適しているのは、鉄筋コンクリートの住宅が広さを求めるなら一番適している構造といえます。鉄筋コンクリート造の住宅は、木造住宅とは違い足場が必要ありません。建築可能面積一杯に建築が可能なので最大限活用できます。さらに鉄筋コンクリート住宅は躯体に強度があるので木造住宅では必要な柱が必要なく、広い空間を作り出すことが可能です。さらに、耐火性・耐震性・遮音性が優れています。狭小住宅は密集地に建てるき事がほとんどなので、家事が起きたとしても被害も少なく、隣の音も、家の中からの音も外に漏れることもなくご近所トラブルを防ぐことができます。

とくに、線路沿いや高速道路などに近い住宅にもおすすめです。狭小住宅を建てるときに考えておきたい間取りのプランニングについて話したいと思います。まずは一階の間取りは高齢者の方が暮らすには適しています。ただ、日当たりや風通しがあまり良くない可能性もあるため、部屋としてではなく、車庫や倉庫、趣味の部屋として活用することも可能です。二階は比較的、風通しや日当たりが良く家族が集まるには最適なスペースと言えます。そのため、リビングを二階にする方も多いです。狭小住宅では三階建てにする方が多いと思います。其の三階では最上階で、日当たり、風通しがいいので、寝室、または、子供の部屋にとても最適です。また、ロフトを作ったり、収納スペースをつくることも可能なので快適に過ごすことができます。三階の上では可能なのであれば、ルーフバルコニーや、ベランダが狭い分屋上のスペースを使ってフトンを干すなど出ができるような空間を作ると便利になります。また、もう一つの快適に暮らすためのアイディアとして、縦方向の広がりを視覚的に見せることで広々と感じられる空間を作り出すことができる吹き抜けです。さらに、都内のような密集している狭小地では、光を取り込むにも吹き抜けは有効とされています。しかし、問題点として冬には一階の暖かい空気が抜けやすく夏は冷気が上に上がってしまうので、その問題を解決するのにシーリングファンをつけることで上に上がった空気が下へ循環するようになるので一緒に設置すると快適になります。次に、勾配天井という傾斜のある天井があり、傾斜があることで上の空間が立体的に広がって見え部屋を広く感じさせることができるので、狭小住宅にぴったりです。勾配天井では高い位置に天井をつけることができるので部屋も明るくなり風通しも良くなるというメリットがあります。ここでのデメリットは、高い位置に窓があるため、掃除やメンテナンスに少し手間がかかってしまうことです。3つ目に、天窓です。(トップライト)トップライトを設けることで隣が近く窓の位置が取りにくい狭小住宅はライトを天井に埋め込む式にするだけで部屋が明るくなり、無理に窓をつけ、周辺の視線が気になるということもなくなり、暗くなってしまうといった悩みが解決されます。4つ目に、階段下の有効活用です。最近、一般の住宅でも階段下デットスペースは注目されていて収納スペースを作ることが多くなっています。狭小住宅でも、同じく階段下が注目されており、階段下を、トイレにしたり、収納スペースにすることで、あますことなくデットスペースを活用することができます。5つ目に、スキップフロアです。このスキップフロアは、階段40センチほどの高さで作り、床下に収納するためのスペースをつくるという手法です。収納スペースを確保することが難しい狭小住宅でスペースを作ることでスッキリした部屋にすることができます。6つ目に、内蔵型のガレージです。内蔵型のガレージとは、狭小住宅は特に、駐車場を設けることがなかなか難しいですが、1階フロアをガレージにして、直ぐ隣に玄関という造りで、駐車場の確保で活用しています。こうすることで、駐車場を他に借りなくて済むので、費用もかからなくコストを抑えられます。最近海外では狭小住宅が注目されており、海外ならではの工夫もあります。海外デザインも取り入れるのも斬新なアイディアのお家ができるかもしれません。

さて、ここまでご紹介してきた狭小住宅の工夫や魅力、日本の都心では特に注目されている住宅です。交通の便や、会社の近くなどは密集地に建てようと思っても、狭い土地しかないという方、都心に欲しくても高くてなかなかという方、狭くても広く見せられる方法、収納スペースの工夫、駐車場をつくるなどコストを抑えることができるのでおすすめです!最近海外では狭小住宅が注目されており、海外ならではの工夫もあります。海外デザインも取り入れるのも斬新なアイディアのお家ができるかもしれません。少し参考までに、海外ではどのような狭小住宅のデザインがあるかご紹介致します。例えば、建物全体を窓ガラスにし、内部の間仕切りをなくすことで開放的空間に見せることができます。さらに、螺旋階段を導入することでスペース確保が可能になりオシャレなデザインに仕上がります。ポルトガルでは、屋上スペースをウッドデッキ仕様にし、プールを埋め込むことで開放的かつ、リゾート気分が味合えます。カナダのトロントでは、壁の仕切りが圧迫的と考え、仕切りをカーテンに変え、収納扉を鏡に変更することで反対側もうつり、広く奥行きがあるように見せることができます。このように海外でもデザイン性を求め尚且つ広く快適な住宅が建てられています。狭小住宅の間取り、家事動線は何も知らないうちから考えて建てるのは難しいと思います。なので、ハウスメーカー、工務店の方に相談した上で、快適な新築ライフ、今後の計画など、より良いものを建てられるようたくさん施工事例を見てみてください!

理想の注文住宅を建てたい方へ。「住まいるコンシェルジュ・リサーチ」は家づくりのためのさまざまな情報、注文住宅事例、注文住宅会社のご紹介をしています。また、専任のコンシェルジュがあなたの条件にぴったりの注文住宅会社を探し、リサーチもしています。理想の住まいを実現するために、興味のあるページからご覧になってみて下さい。