注文住宅の住まいるコンシェルジュ・リサーチ

注文住宅のことは、「住まいるコンシェルジュ」にご相談ください!

0120-521-044
  • twitter
  • FB
  • rss
住まいるコンシェルジュ > 住宅会社 > 株式会社木村建設工業

株式会社木村建設工業

facebook
twitter
Google+
はてなブックマークに追加
なうで紹介
rss
LINEでシェア

会社データ

会社名 株式会社木村建設工業
代表者名 木村孝二
所在地 札幌市東区北37条東6丁目3-1 エクレア1F
事業内容建売住宅の設計・施工、不動産販売
建設業許可番号 建設業登録番号北海道知事許可(特-24)石第19319号
建築士事務所(石)4631号
宅地建物取引業者免許番号北海道知事石狩(1)第8190号

住まいるインタビュアー(20代男性)の突撃インタビュー!!


コンセプトについてお聞きしました。

――ヴィラシリーズという住宅はどういった特徴の家なのでしょうか?
「レトロなイメージの玄関回りや、三角屋根を取り入れた洋風な外観を主張したシリーズですね。」

他社には負けない強みについてお聞きしました。

――他社に負けない御社ならではの強みはどういったところにございますか?
「外構込みの金額になっており、エアコンや食洗機など何かオプションをつけて金額があがるということはありません。」

――提示価格が外構込みであればお客様も安心して家づくりができますね!

デザインや素材へのこだわりについてお聞きしました。

――北海道ということで、非常に寒さが厳しい地域だと思いますし、家の気密性や断熱性が大事だと思います。そういった性能面はどのようにされているのでしょうか?
「省エネ4等級(※断熱等性能等級4)というものを2020年の法規定により義務付けされ、すべての住宅が基準を満たしていないといけないですが、弊社では、規定に先駆けて実施しております。」

――寒い冬でも最低限のエネルギーで快適に住むことができるのですね。

耐震性についてお聞きしました。

――4月に熊本などで大地震が発生しましたし、耐震性を求められるお客様も増えたと思いますが、そういう部分はどのようにされているのでしょうか?
「当然ではありますが、建築上必要な金物や合板類などを多く使用し、なるべくゆがみが発生しないような家をつくっています。」

大手ハウスメーカーと地域工務店についてお聞きしました。

――社長は大工職人を経て、現在の職に就かれていらっしゃいますが、大手の全国展開している住宅メーカーがつくる家というのは、地域に適した住宅なのでしょうか?
「地域に適しているかはよく分かりませんが、北海道でしたら、スノーダクト方式が一般的です。特に札幌でしたら、土地が広くありませんから、落雪に注意した家づくりをしないといけないと思います。また、昔はそうでもなかったですが、近年は夏が非常に暑いですから、断熱やエアコンなどは標準装備にしていないといけないと思います。
大手ハウスメーカーが地域にマッチした家をつくっているという面では、三角屋根が主体でストッパーリフトも今は良い屋根がたくさんありますが、雪が落ちているところもよく見かけます。確かに家はカッコイイですが、経年的に性能がどんどん落ちていくようでは良くないですよね。そういったところで『大手の住宅ハウスメーカーが地域にマッチした家を建てているか』と聞かれると『100%マッチしている』とは言えないと思います。

――来られるお客様がもう少しこういう知識をつけていらっしゃったら良いのに、と思われることはございますか?
「お客様は基本的に素人の方ですから、雑誌や本で勉強するかモデルルームを何件か周るかくらいでしか知識を得るところは無いと思います。ましてや家の中の柱や梁などは壁の中にあることが多く、見ること自体難しいと思います。
構造的なことで言うと、今は法規制がしっかりしているので、『手抜き工事』をするような会社はほぼ、皆無に等しいと思います。柱1本抜いたとしても、儲かるものでもないですし、それでヒビでも入ったら大変なことになりますからね。強いて言うのであれば、基本的な構造、『どの部分にどのような金物が入るのか』ということは本などで調べることは可能です。もちろん図面を見たら全て分かりますけど、鉄筋の量など書いてありますが、一本一本チェックするという事は大変になります。『住宅あんしん保険』という住宅瑕疵担保責任保険の中で基礎工事の審査をしてくれるところがあります。そういうものを利用すれば、安心だと思います。」

――素人が自分で構造面をチェックするのはかなり困難なことですが、一番心配な部分ではあります。専門家に依頼すると手軽に確認ができていいですね。

実績についてお聞きしました。

――設立はいつごろでしょうか?
「設立は平成7年です。」

――設立からどれくらいの施工棟数がございますか?
「約200~250棟くらいで、リフォームの数を含めると300棟くらいにはなると思います。」

――年間の施工棟数を教えてください。
「年間だと、だいたい20~25棟くらいになります。」

――リフォームもされているようですが、リノベーションも施工されますか?
「リフォームもリノベーションも施工しています。
住宅以外にも賃貸アパートや福祉施設、コンビニや携帯電話会社などの店舗の施工もしています。」

――新築とリフォームはどちらの依頼が多いでしょうか?
「それは、新築のほうが多いですね。」
お引き渡しまでの期間についてお聞きしました。

――設計からお引越し、工事完了までおおよそどれくらいの期間でしょうか?
「施工する広さなどにもよりますが、90日ですから、だいたい3ヶ月程になると思います。」

――もし今期、御社に依頼したいというお客様がいらっしゃった場合、具体的に、いつごろから施工可能でしょうか?(※取材時は春)
「今現在、10棟~15棟くらいは受注していますから、今すぐに依頼されると、年内には住めるくらいになると思います。」

予算についてお聞きしました。

――施工する広さなどにより、異なるとは思いますが、お客様はだいたいどれくらいの予算でお考えになられて来られる方が多いでしょうか?
「土地込みでやっており、土地もお客様に合ったものを一緒に探し、施工します。全て込みで、だいたい2500万円~3000万円くらいです。」

――土地も一緒に探していただけて3000万程で建てられるのはすごく嬉しいですね!

お客様層についてお聞きました。

――お客様の年齢層はどれくらいの方が多いでしょうか?
「30代、40代のお客様が多いです。」

――子育て世代のお客様が多いということでしょうか?
「そうですね!」

――30代、40代より年上の方や年下の方はあまりいらっしゃらないのでしょうか?
「いいえ、そんなことはないです。50代、60代の方や若い方もいらっしゃいますよ。」

――比較的、30代、40代の方が特に多いということでしょうか?
「はい、そうです。」

――個人的な話になりますが、私自身今年新卒の者でして、同じ20代の方も中にはいらっしゃいますか?
「20代の方も、多くはないですが、たまにいらっしゃいます。やはり年収など収入のこともありますから、20代の方は金銭的に難しいですし、家を持つことは大変ですが、お金の工面ができる人は依頼される方もいらっしゃいます。」

自分に合った住宅会社を見つけるポイントについてお聞きしました。

――お客様が自分にあった住宅会社を見つけるポイントを教えてください。
「雑誌や本などを見て会社を選択し、まずはモデルルームを見ることです。中にはモデルルームのない住宅会社もありますが、できればモデルルームのある会社で実際に家を見ることです。いくら言葉で説明されても、お客様自身が実際に見られたほうが分かりやすいですからね。モデルルームにパンフレットや坪単価などが書かれているものもあるとは思いますから。実際にお客様自身で見ることで、思い描く家に近いものを受け取れると思います。」 

――特に性能面に関しては実際の家を見て、ふれる事で省エネ住宅の良さを感じることもできると思います。

メッセージ。

――最後に、これから住宅購入を考えられているお客様に向けて、メッセージをお願いします。
「今は金利も安いですし、住宅を建てるならチャンスではないでしょうか。消費税もまだ増税されていないですしね。銀行にもよりますが、住宅ローンも8大疾病や死亡、病気などで支払うのが困難な場合、支払い義務がなくなり、ローンを組むのに寛容になっています。
だからこそチャンスだとは思いますが、熊本などで発生した地震の影響でエアコンの在庫がなくなってきたり
資材がショートしてきている。そうなってくると商社が材料の抱え込みを行い、人手が不足していることもあり、価格の高騰が発生してきます。」

――それはもう少し時間が経つと状況が変わるのでしょうか?
「もう少し経つと、今度はオリンピックに向けた建設ラッシュが起こることは容易に考えられます。商社がより多くの利益を得るために、材料の抱え込みがさらに顕著になり、価格の高騰が考えられます。すでにマンションの価格などは高騰しつつあります。いつかは、消費税の増税があるでしょうし、いつまでもゼロ金利ではないと思いますから、決断されているのであれば、早めに計画をたてられることをオススメいたします。」

――なるほど!これからの時代の流れによって大きく経済が変動してくるから、まさに今のうちに計画を立てていくことがタイミングとしてはベストという事なのですね。

木村社長ありがとうございました!大工職人でもある社長はとても気さくに、素人の私たちにも分かりやすく説明していただきました。家づくりをする時にいろんな夢や理想はあるけども、まず安心した家、快適な暮らしが前提となります。耐震については誰でも気になるところではありますが、専門的な部分は非常に確認が難しいです。第三者機関を利用した安心な家づくりができる事も丁寧に教えていただきました。性能面もすでに2020年の断熱等性能等級4をクリアしており光熱費がかかる厳しい寒さの中でも快適な暮らしを提供していただけます。ゼロ金利政策の間に、もっと具体的な話を木村社長に聞きにいかれてみてはいかがでしょうか?

同じエリアのおすすめ住宅会社

住まいるインタビュアー(20代男性)が突撃インタビューさせていただきました!
とっても丁寧にお答え下さいました^^

住まいるインタビュアー(20代男性)の突撃インタビュー!!
とても話しやすくどんな小さな質問にも答えていただきました。

住まいるインタビュアー(20代男性)が突撃インタビューさせていただきました!
性能にこだわる気さくで素敵な社長です!!

住まいるインタビュアー(20代男性)が突撃インタビューさせていただきました!
丁寧にご対応お答えいただきました!

住まいるインタビュアー(20代男性)が突撃インタビューさせていただきました!
「社長のお人柄が好印象!」

新築お祝い金
住まいるコンシェルジュって 5万円贈呈! お祝い金を申請する 住まいるアンケート 住まコンから住宅会社の紹介を受ける 0120-521-044

理想の注文住宅を建てたい方へ。「住まいるコンシェルジュ・リサーチ」は家づくりのためのさまざまな情報、注文住宅事例、注文住宅会社のご紹介をしています。また、専任のコンシェルジュがあなたの条件にぴったりの注文住宅会社を探し、リサーチもしています。理想の住まいを実現するために、興味のあるページからご覧になってみて下さい。