注文住宅の住まいるコンシェルジュ・リサーチ

注文住宅のことは、「住まいるコンシェルジュ」にご相談ください!

0120-881-403
  • twitter
  • FB
  • rss

住まいるアンケート1-1

注文住宅を初めて建てたいと漠然と考えたとき、どんな情報を知りたいですか?

初めて漠然と注文住宅を建てたいと考えた時に、一番初めに思いつくことはとても重要で、建てたい方が一番求めることでもあります。
注文住宅という自由に設計できる住宅だからこそ、その期待と同時に不安も頭をよぎります。このアンケートでは、悪い情報でも知りたい方の割合、
またその裏にはどんな感情があるのか?をアンケート結果からご紹介いたします。

Q1. 注文住宅を初めて建てたいと漠然と考えたとき、どんな情報を知りたいですか?
良い情報
(価格の安さ、専門分野の強さ)
48%
悪い情報
(失敗、トラブル、後悔した点)
40%
その他
(住宅価格、住宅価格以外の費用の情報)
12%

アンケート結果より、価格の安さや、耐震性能やデザイン性の高さなど専門分野の強さといったプラス要素であるメリットの情報を求める方もいれば、失敗事例やトラブル事例、こうしておけばよかったという後悔した点といったデメリットの情報を求める方がいます。また、住宅価格や住宅価格以外の費用の相場そのものの情報を知りたい方もいる結果となりました。

グラフ

(漠然と知りたい情報とは?)

割合としては、意外と「悪い情報」を知りたい方が多く、全体の40%にもなりました。やはり、一生に一度の大きな買い物としての印象が大きいので、どうしても慎重になるようですね。住宅を自由に設計できるという「楽しさ」や「わくわくさ」といった期待が大きい分、不安も大きいようですね。

Q2. 知っておきたい悪い情報とは?
どのような失敗をしたのかは気になります。価格なのか、間取りなのか。
そのあたりを参考にしたいです。
成功例はどこにでもあると思うので失敗例を教えてくれたほうが
信頼できるからです。
何をどう失敗しのかも知りたい。褒め言葉は当てにならないから。
自分では想像もつかない、落とし穴のような失敗例を聞いて参考にしたい。
失敗に学ぶほうが、成功する確率が高いと考えるからです。
いろんな失敗例が知りたいです。

知っておきたい悪い情報は、「耐震性に関して」や「欠陥住宅に関して」という具体的な回答もありましたが、ほとんどは「何がトラブルの原因になるのか見当がつかない」という意味合いの意見がほとんどでした。もちろん原因となりそうな点が分かれば、そこを集中して調べれば良いので、疑問は解決します。漠然とした不安はより不安に陥りやすいので、専門家に聞くことをお勧めいたします。

Q3. なぜ悪い情報を知りたいのですか?
失敗談から学ぶことの方が多いと思います。
家は住んでみないとわからないので住んでみて失敗した例をきいた方がいいです。
住宅を購入するということは、高い買い物をするということなので、成功例だけでなく、失敗例を知っておきたいと思いました。
そして、知っておくことで、どうしたら失敗をしないように出来るか考える際の参考にしたいです。
一生に一回の大きな買物なので失敗はすることができないので、後悔しないように建築したいです。
家は実際に住んでみないとわからないので図面だけではこうしておけばよかった。
と思うことが多いです。なので実際建てた人のマイナス談をきいてみたい。
失敗談を聞いておきたい。人が失敗したと思う事例は、自分にも当てはまることが多いと思う。
事前に知っておけば、同じような失敗をしないように、対策できると思うから。

事前に失敗やトラブルになるポイントを知っておいて、準備しておきたいという方が
多いですね。
同じような失敗は、事前に情報をチェックしておけば回避できると考える人が多いです。
悪い情報を知って注文住宅の購入を止めるというよりは、悪い情報もポジティブに捉えて、トラブル回避や改善の一歩としているようですね。

<アンケートサンプル詳細>

調査サンプル数
1000人
居住地域
全国
平均年齢
367歳
既婚率
63%

(住まいるコンシェルジュ調べ)

知りたい情報の関連事項

新築お祝い金
住まいるコンシェルジュって 5万円贈呈! お祝い金を申請する 住まいるアンケート 住まコンから住宅会社の紹介を受ける 0120-881-403

理想の注文住宅を建てたい方へ。「住まいるコンシェルジュ・リサーチ」は家づくりのためのさまざまな情報、注文住宅事例、注文住宅会社のご紹介をしています。また、専任のコンシェルジュがあなたの条件にぴったりの注文住宅会社を探し、リサーチもしています。理想の住まいを実現するために、興味のあるページからご覧になってみて下さい。